音楽という軌跡をえがいて

歌という弾丸がつきささり

詩が芽をだし、根をはるだろう