ゆらゆら帝国のライブを見て来ました。

演奏うまいなー
存在感あるなー
坂本慎太郎、雑誌とかの写真で見るより、太ってるな・・・むちむちと・・・
このごろ太ったのかなー・・・
歌詞的に、音楽業界に嫌気がさしてる風なので、心配だ。
もう世界観は揺るぎないものがあるので、良い曲を提供し続けてくれることを願っています・・・
髪も長くてもじゃもじゃで、
「タコ物語」の時には、会場から「わかめー!」と声かけられてた笑
写真とれなかったけど、照明の演出がきれいで、丁寧にされている印象で良かった。
音も一音一音丁寧だから、余韻まで楽しめたよ。
でも演奏がうますぎるバンドって、損してるのかもしれない。元ミッシェルとか。
ライブで演奏がヘタすぎる、ってのも幻滅ものだけど、
あまりに的確に演奏すると、CDなど販売されてる音源の忠実な再現・・・に感じられるときも。
もちろん、ライブならではのうねりとか、迫力とかはあって最高!なのだけど、
上で書いたような心配が頭の中にあるので、気になったよ・・・
アルバム「空洞です」、同じメロディーをアレンジしたような曲が多くないですか。心配です。


BLUE MAN GROUPの公演を見てきました。

青くてヘンな奴らだなぁと思ってはいましたが、けっこう楽しませてもらいました。
音楽とアートとコメディと・・・宣伝に偽りなしですね。
けっこう、現代ネット社会にコミットするのが意外でした。
日本公演用に追加された部分なのかなぁ・・・ネットカフェとか。
公演が終わって出口に向かうと、BULE MANを取り囲んで撮影会状態に・・・
その脇をすりぬけて歩いていたところ、別のBLUE MANと思わぬ急接近ができたので、
握手してもらいました・・・^^
僕もまだらのBLUE MANになったよ!


第9回 シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション 受賞パーティーに出席してきました。
ちなみに僕の作品は受賞してませんので笑、応募した記念として参加させて頂いたような形です。
<写真>
左上 グランプリの方の表彰のようす
右上 記念撮影
左下 審査員の原研哉さんのスピーチ
右下 審査員の深澤直人さんのスピーチ

僕はもともとプロダクトのデザイナーではない、というのは言い訳ですが笑
受賞した作品のコンセプト・アイデア・プレゼンボードの見せ方・モックの完成度など
素直に良いと思えるものばかりでした。
ちなみに、パーティー参加者にはお土産として、2年前のグランプリで商品化された
faces stampが配られました。
顔の形を自由に歪ませることで表情をスタンプできる、というものなのですが
さっそく押してみると、右のような感じ。

ちょっと、インクの質と合わなかったようです・・・