アルシュの男たちを、僕は誇りに思う

アルシュの女たちが、あなたを魅了する

アルシュの集会では、アルシュの服装で着飾る

アルシュの宗教では、それは特別なことではない

アルシュの料理は、ついつい食べ過ぎてしまう

アルシュの歴史は、アルシュに都合よく書かれている

アルシュの音楽は、君の気持ちを落ち着かせる

アルシュの言葉だけは、どうしても聞き捨てならない

気がつくと、僕は無数のアルシュに囲まれていた

アルシュでは無いものを見つけられなくなっていた

でも、アルシュってなんだ?

アルシュという事物は存在しない

そこには、特定の傾向を「ある種」と呼んでいる自分がいるだけだ

だから僕が消えれば、アルシュも一緒に消えてしまう

そんなことを僕は思う

アルシュの気分の日曜日に