このごろのキーワードは「プライド」

自分の居場所を確保するために、他人に向けてアピールされる「プライド」は、
本当はコンプレックスから生まれていることが多いのではないかと思う。
本人が、押しつぶされそうだから語る。
経験と自負から生まれる「プライド」は、アピールされない。する必要がない。

「プライドを傷つけられた」と感じたら、
それがコンプレックスから生まれたか、
経験と自負から生まれたか、検証してみるのも良いかもしれない。

プライドって、良い面と悪い面とあるけど、悪い面の方が気になる。
だからプライドって言葉が出て来たら、まず僕は警戒する。
辿っていくと、自信のなさとかコンプレックスの
裏返しであるプライドって、実は多いのではないか。

自分に「足りない」と思うものが、その不在によって、存在を主張する。
コンプレックスは、実在する虚無。色々なものが、吸い込まれていく。

「足りない」という感覚は「あるべき、あるはず」に基づく訳で、
それは自己評価の高さと、欲深さに繋がっているんだと思う。
となると、コンプレックスが強い人は欲が深く、
プライドが高い人も欲が深いのではないか。

「このようである私を受け入れろ」って、
甘えだし、欲そのものであると言える。

奇抜なファッションや言動をして、
周りの人に「受け入れさせる」甘えを発動させている人は、
本当は、周りの人に助けてもらって、借りを作っているのではないか。

選択する自由を得るのと引き換えに、人からの有形無形の支援は、得られなくなる。
だから、選択のしようのない「縁」に従う方が、
長い目で見れば、賢いと言える。
注文が多いほど、要求される対価は釣り上がっていく。

自分の発する言葉や、振る舞いが、誰かを励まし、
力づけるポジティブなものであるようにしたい。
I’m gonna keep trying to encourage someone with my every words, actions, and behavior.

悪態をついたり他人を貶める言葉を吐くのは簡単だ。
安易な道を選ぶ人間を賢いとは言えない。
他人にネガティブな言葉をぶつけるのは
「それでも受け入れてもらえる」という甘えがあるからではないか。
Speaking negative is easy way wise wouldnt walk.

「私を受け入れろ」という甘えの背後には、
評価され受け入れられてきたプライドや、
恵まれた環境でも満足できないコンプレックス/欲があるのではないか。
Speaking-negative-people think that the others could accept them.

ファッションや話し方で、
周囲を緊張させ違和感を放置する人、または違和感を個性と考える人は
「受け入れてもらえている」有り難さを感じられたら、もっと穏やかな気持ちになれると思う。
To act differently isnt character but only depending.

https://twitter.com/#!/casiomasasi

 

Similar Posts: